トランプカードの種類。カードマジックにおすすめのメーカーは?

「これからカードマジックを始めよう」

と思っているマジック初心者が、一番最初に悩むことは、

「どのような種類のトランプカードを使えばよいか?」

ということです。

カードマジック

100円の紙製トランプでも、マジックはできるのかもしれませんが、

道具が悪いと、本来不要な苦労をするハメになったり、上達が遅れたりしてしまうことがあります。

そこで、今回の記事では、

「マジックに向いているトランプカードの種類やメーカー」

についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

サイズ

トランプのサイズには、大きく分けて以下の2種類があります。

1. ポーカーサイズ(縦88mm×横63mm)
2. ブリッジサイズ(縦89mm×横58mm)

ポーカーサイズとブリッジサイズ

ブリッジサイズは、昔から日本で使われているトランプと同じ大きさで、

「コントラクト・ブリッジ」のような手に持つカードが多いゲームのときに使用します。

それに対し、ポーカーサイズは、「ポーカー」や「ブラック・ジャック」といった

手に持つカードが少ないゲームに適しています。

それで、カードマジックを始めるあたり、どちらのカードを買うべきか、

ということなんですが、基本的には、

「ポーカーサイズ」

のものがおすすめです。

理由としては、カードサイズが大きいので見栄えがするということと、

ギミックカード(仕掛けのあるカード)がポーカーサイズで作られているので、

ギミックカードを使用するときに、普段のカードとのギャップを小さくできるメリットがあります。

さらに、ポーカーサイズのカードはまとめ買いできるので、

1個当たり200円程度で手に入れることができるのですが、

ブリッジサイズのカードはバラ売りの購入になりがちなので、

1個当たりの値段が400円以上になってしまうことが挙げられます。

ただし、女性や手の小さい男性がポーカーサイズのカードを使用した場合、

技法によっては習得不可能、またはかなりの努力が必要になることがあります。

ですので、両者のメリット・デメリットをよく検討した上で、カード選びをしていただければと思います。

材質

原則として、カードマジックでは紙製のトランプを使用します。

プラスチック製の方が一見、高級そうに見えますが、

プラスチックは汗や静電気でカード同士がくっついてしまうため、

扱いづらいのです。

また、カードマジックにおいては、カードを破ったり折ったりする場面がよく出てきます。

その時に、プラスチック製のカードが破れないのは、言わずもがなのことでしょう。

デザイン

トランプの表(マークや数字が印刷された面)については、どのようなデザインでも構わないのですが、

裏(きれいな模様が描かれている面)に関しては、いくつか注意すべきポイントがあります。

まず、裏面は白い縁(ふち)があるものを選ぶということです。

縁がなくて、端まで模様が印刷されているものは、マジックによっては都合が悪いことがあります。

また、模様のデザインが点対称(逆さまにしても同じ)になっていることも重要です。

裏面にキャラクターが描かれているカードなどは、上下を区別することができてしまい、

こちらもマジックによっては支障が出てしまいます。

カードの裏面

おすすめのトランプは?

これからカードマジックを始める場合、以上のような点に注意してカード選びをしていくのですが、

これらのポイントをすべて満たし、マジックをやっている人ならば、ほぼ全員が所有しているであろうメーカーがあるのです。

それは、U.S.プレイングカード社(The U.S. Playing Card Company)

バイスクル(Bicycle)

です。

日本製でも紙のトランプはありますが、コシの強さや耐久性、縁の揃い方において、バイスクルに見劣りするのです。

そして、このバイスクルの中でも、

ライダー・バック(Rider Back)

と呼ばれる、自転車に乗った天使が裏面に描かれたトランプが、最も一般的なものとなっています。

ライダー・バック

このライダー・バックは100年近い歴史を持ち、多くのマジシャンが愛用していることから、

ギミックカードのデザインにも採用されています。

ですので、普段からライダー・バックを使用していれば、ギミックカードを使うときも、

ライダー・バックに切り替えずに済むのです。

ちなみに、バイスクルには、裏面が赤色と青色の2種類があるのですが、どちらを使用しても構いません。

室内のような暗い場所では目立つ赤、

屋外のような明るい場所では落ち着いた青、

というように使い分けると、お客様も見やすくなります。

バイスクルは、その滑りやすさが特徴なのですが、

開封したてのカードはコーティングが効きすぎて、使いづらいかもしれません。

その時は、数時間シャッフルするなどして、手になじませます。

バイスクルは、デパートや東急ハンズといったお店で、1個700円ぐらいで売っています。

買い物をする時間のない方や、今すぐ手に入れたい方は、インターネットでも購入することができますので、以下のリンクからどうぞ。

広告

広告

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする