シェーバーの選び方。おすすめメーカーは?掃除をする頻度は?

毎日の髭剃り、面倒ですよね。

「男は、毎日髭を剃らなきゃいけないから大変だ」

と思っていたのですが、よくよく考えてみると、

女に生まれたら毎日メイク(化粧)をしなければいけないので、

「やっぱり男の方が楽だ」と思った次第です。

それで、読者の方が抱えている悩みとしては、

「シェーバーの選び方を教えてほしい!」

「おすすめのメーカーはどこか?」

といった声が多いですね。

というわけで、今回の記事では、

・シェーバーの選び方
・おすすめのメーカー
・掃除をする頻度

について解説したいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェーバーの選び方

カミソリ VS 電気シェーバー

まず初めに、私がなぜ電気シェーバーを使用しているかというと、

「カミソリが怖いから」

です(笑)

髭を剃る男性

しかも、カミソリの場合、シェービングフォーム(ジェル)を付けたり、

定期的に刃を交換しなければならなかったりして、

「何だか面倒だな…」

と。 ← どんだけ、めんどくさがりなんだww

あとは、私自身が髭が濃くて肌が弱いので、刃が直接肌に当たると、

カミソリ負けしてしまうんですよ。

ですので、剛毛・敏感肌の方には、断然、電気シェーバーがおすすめです。

予算

さて、それでは具体的なシェーバーの選び方です。

まず、予算については、

3,000~7,000円

ぐらいのシェーバーをおすすめしたいです。

その理由ですが、

あまりにも安いシェーバーを買ってしまうと、性能もやはり「それなり」であることが多いからです。

かつて、1,000円ぐらいのシェーバーを使ってみたことがあるのですが、

肌は切れまくるわ、髭が引っかかって痛いわで、散々でした。

かといって、何万円もするような高いシェーバーも私はおすすめしません。

その理由ですが、

シェーバーは消耗品

だからです。

シェーバーを長く使っていると、バッテリーが弱って、だんだん使用時間が短くなっていきますし、刃も傷んできます。

替刃もあるにはあるんですが、かなり高価です(3,000円以上)。

であるならば、劣化してきた本体の刃を交換するよりも、新しいシェーバーを買ってしまった方が安上がりなのです。

使用可能時間が長く、充電時間が短いもの

次に、バッテリーについてですが、

使用可能時間が長く、充電時間が短いもの

を選びましょう。

使用時間が短いと、しょっちゅう充電しなければならないので面倒(3回目)ですし、

充電時間が長いと、なかなか充電されないのでストレスがたまります。

考えてもみてください。

髭剃りをするのは、どんなときですか?

大概は、会社に出勤する前ではないでしょうか。

朝の忙しい時間帯に髭を剃っていたら、突然シェーバーのバッテリーが切れた。

急いでコンセントに差し込んでも、なかなか充電されない…。

もう、最悪ですよね。(ーー;)

ですから、使用時間は長ければ長いほど、充電時間は短ければ短いほど良いのです。

あと、個人的におすすめしたいのが、

「シェーバーを2本併用すること」

です。

シェーバー

シェーバーが手元に2本あれば、1本のバッテリーが切れたとしても、

もう1本を使って髭剃りを続けることができます。

その間、バッテリーの切れた方をゆっくり充電しておけばよいのです。

外刃の刃数について

外刃の刃数についても、安い商品であれば1枚刃ですが、

最近は3枚刃、4枚刃も珍しくはなくなってきました。

刃数が多いと、広い面積を一度に剃れるので、

髭剃りにかかる時間を短縮することができます。

ただし、その分ヘッドの大きさが大きくなりますので、

「鼻の下が剃りにくくなる」と感じる方もいらっしゃいます。

ですので、刃数については、ご自身の髭の濃さと相談していただき、

髭が濃い方は刃数の多い物、

髭が薄い方は刃数の少ない物、

を選ぶとよいでしょう。

防水設計で水洗いできるもの

最後に、シェーバーの手入れについてですが、

洗浄機を使用すると、確かに掃除が楽になります。

しかし、その分本体価格が上がりますし、洗浄液にもお金がかかるので、

洗浄機は基本買わなくてよいです。

その代わり、しっかりと防水設計された製品を選び、

数日に一度、水洗いしてよく乾燥させましょう。

シェーバーのおすすめメーカーは?

さて、シェーバーの選び方が分かったところで、

具体的にどのメーカーのシェーバーがよいのでしょうか。

オーム電機、HITACHI(日立)、Panasonic(パナソニック)、……

私、管理人 cue は、様々なメーカーのシェーバーを使ってきましたが、

読者に一番おすすめできるメーカーは、

IZUMI(イズミ、泉精器製作所)

https://www.izumi-products.co.jp/V-shaver/#Top

です。

「イズミなんて、聞いたことないよ…」

「怪しいメーカーなんじゃないの?」

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私も初めはそう思いました。(泉さん、ごめんなさい)

でも、騙されたと思って、イズミのシェーバーを使ってみてください。

本当に感動しますよ。

イズミのシェーバーの何がすごいかというと、

値段がお手頃 … 2,500~10,000円ぐらいで買えます。

使用可能時間が長い … 私のシェーバーは、ほぼ毎日使用しているにも関わらず、1か月に1回ぐらいしか充電していません。

充電時間が短い … 1か月も使えるのに、充電時間はわずか2時間!

ということです。

以下に、私が使っている「IZF-V55-S」のリンクを載せておきますね。

広告

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IZUMI(イズミ) 往復式シェーバー IZF-V55-S
価格:6033円(税込、送料別) (2017/10/1時点)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

シェーバーは毎日使う物だからこそ、安全で快適な製品を選びたいものですね。

ちなみに、シェーバーの手入れについてですが、

「数日に一度、水洗いしてよく乾燥させましょう」

と書いたものの、私自身は、ほとんどシェーバーの掃除はしていません。

それで、使っているうちに、本体の中にどんどん髭のクズがたまっていくんですね。

それで、「もうこれ以上入りきらない」という状態になると、外刃の網の所から、ポロポロこぼれ落ちてくるんです。

そうなったら、いい加減、掃除してますね。(ーー;)

外刃を「パカッ」って開けると、髭クズが「ドサッ」って落ちてきますよ。

(汚い話で恐縮です)

要は、それぐらい掃除しなくても、臭いませんし、問題なく使用できるということです。

刃にオイルを塗ったりもしません。

大抵のシェーバーは、刃が傷む前にバッテリーがダメになるからです。

あまり神経質にならずに、数年使ったら新しい物を買い替える気持ちでいた方が、心にゆとりが持てると思います。

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする