殺虫剤は人体に影響するのか?ピレスロイドの安全性は?

気候が温かくなってくると、家の中に虫が出るようになりますよね。

紙魚(シミ)

紙魚(シミ)が あらわれた!

cueは さっちゅうざいを まいた。

かいしんの いちげき!

シミを たおした!

いやー、ものすごい効き目です。

殺虫剤をかけてから物の数秒でイチコロですよ。

日本のメーカーはやはり優秀です。

でも、そのとき思ったんです。

「虫が一瞬で死ぬような薬を人間が吸い込んで大丈夫なのか?」と。

そこで、今回は殺虫剤の人体への影響についてまとめてみました。

特に、小さな子供やペットがいる方は必見ですよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

■ 殺虫剤は人体に影響するのか?

▼ 殺虫剤の成分であるピレスロイドとは?

殺虫剤が人体に与える影響を調べるために、まずはその成分を確認することにしました。

殺虫剤の有効成分。それは、

「ピレスロイド」

です。

「ミ○スローイード♪」

の名前の由来にもなっていますね。

除虫菊(シロバナムシヨケギク)

ピレスロイドは、「除虫菊(シロバナムシヨケギク)」に含まれている成分で、

この植物はもともと地中海沿岸に生えていたのですが、

明治時代に日本に伝わり、

この除虫菊を使って、初めての渦巻き型の蚊取り線香が発明されました。

ピレスロイドが殺虫剤に向いている理由としては、

□ すぐに効く。
□ 虫よけの効果(忌避効果)がある。
□ 隠れている虫を追い出す効果(フラッシングアウト)がある。
□ 安全性が高い。

といったものが挙げられます。

▼ ピレスロイドの安全性

それで、このピレスロイドですが、害虫の皮膚や口から入り、神経に作用して虫を退治します。

この成分は、昆虫類・魚類・両生類・爬虫類に対して効果を示します。

ですので、

カブトムシクワガタムシなどの昆虫類、

金魚メダカといった魚類、

カエルイモリなどの両生類、

ヘビカメワニキョウリュウといった爬虫類、

をペットにされている方は、水槽にカバーをするか部屋の外に出すなどしてください。

一方、ピレスロイドの哺乳類(人や犬、猫など)や鳥類(ニワトリ、インコなど)への作用は極めて弱く、短時間で分解されて体の外に出されてしまいます。

また、光や空気、熱によっても分解されますので、殺虫剤を使用後、部屋に成分が残ることを気にしなくてもよいのです。

スポンサーリンク

▼ 使用上の注意をよく守る

しかし、いくら安全性が高いとはいえ、決して人体に良いものではないわけです。

殺虫剤の缶を開けて、中身を一気飲みしたり、

みんなで殺虫剤を武器にしてサバイバルゲームを始めたりしてはいけないのです。

また、海外では、尿中のピレスロイド濃度の高い子供は、「反抗的になる」「ADHD(注意欠陥・多動性障害)のリスクが高まる」といった調査結果もあるようです。

ですので、殺虫剤の使用にあたっては、「使用上の注意」をよく守ることが大切です。

□ 人体に向かって噴射しない。
□ 噴射気体を直接吸入しない。
□ 噴射中は噴射する人以外の入室を避け、噴射後は室内の空気が外気と入れ替わってから入室する。
□ 皮膚、飲食物、食器、おもちゃ、ペット、飼料、植物にかからないようにする。
□ 家具、建具、プラスチック製品などに直接噴射しない。
□ 薬剤が皮膚に付いた時は、石けんと水でよく洗う。目に入ったときは、直ちに水でよく洗い流す。

ということです。

■ まとめ

ハエや蚊、ゴキブリ、ノミ、ダニといった感染症を媒介する昆虫は「衛生害虫」と呼ばれます。

この衛生害虫の駆除を目的とした殺虫剤は、医薬品(スプレー式、煙式、粉式)と医薬部外品(蚊取り線香、電気蚊取り)に分けられ、「薬事法」という法律で規制されています。

そのため、殺虫剤の製造・販売にあたっては、厚生労働省に申請を行い、その際に安全性について厳しい審査が行われるのです。

ですから、審査を通過し、承認された殺虫剤は、使用法を守れば安全性が確保されることになります。

「必要な場面でのみ使用し、他の物にかからないようにする」

というのが、一番現実的な使い方ではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする