お墓参りのマナー。花や時間は?時期はいつ?

前回の記事では、お墓参りをする意味について述べました。

今回はお墓参りのマナーについてです。

□ お墓参りに行く時期はいつなの?

□ お墓参りに適した時間帯は?

□ お墓参りはどんな服装で行けばいいの?

□ お墓に供える花には決まりがあるの?

□ お墓参りをするときの持ち物は?

□ お墓参りの具体的な手順を教えて!

この記事を読むと、これらの疑問を解決することができます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

■ お墓参りのマナー

時期

基本的にはいつ行ってもよいのですが、主な時期としては、

お彼岸 … 春分の日、秋分の日を中日とし、前後3日間を合わせた7日間。

お盆 … 地域によって異なりますが、8月15日の所が多いようです。

命日 … 故人が亡くなった日です。

正月

年忌法要 … 故人の祥月命日(しょうつきめいにち)に営む法要のことです。祥月命日とは故人が亡くなった月日、法要とはご住職にお経を上げてもらうことです。

人生の節目 … 進学、就職、結婚をしたときなど。

などがあります。

時間帯

時間帯も特に決まっているわけではないのですが、朝か日中の方が墓地の掃除がしやすいでしょう。

服装

法要のときは喪服(礼服)になりますが、それ以外であれば服装も特に決まりはありません。

ただし、墓地にはほかの人も来ていますので、あまり派手にならないようにしましょう。

お墓参りの花

意外なことに、花も特に指定はないようですが、以下の種類は避けた方がよいです。

とげのある花 … バラ、サボテンなど。

毒のある花 …

まさか、トリカ○トを供える人はいないと思いますが、アジサイ、スイセン、ヒガンバナなども毒を含む植物です。

香りが強い花 … キンモクセイなど。

つる性の花 … アサガオなど。

また、造花を供えてもよいかどうかはその場所のルールに従ってください。

持ち物

線香

お墓参りのときに必要になる物は以下の通りです。

手桶、ひしゃく(柄杓) … 寺院や霊園の場合は備えてあることが多いです。

掃除用具 … ほうき、ちりとり、軍手、ゴミ袋、たわし(柔らかい物)、歯ブラシ、スポンジ、雑巾(ぞうきん)、バケツ

生花

花ばさみ

お供え物 … 果物、お菓子、飲み物など故人の好物を供えることが多いようです。

半紙

ろうそく

マッチ、ライター

線香

数珠

手順

お墓参りをする親子300

それでは、お墓参りの具体的な手順について解説していきます。

寺院墓地の場合、まずは本堂のご本尊にお参りし、ご住職に日頃故人の世話をしてくれていることへの感謝を伝えましょう。
管理事務所で手桶とひしゃくを借り、手を洗って清めたら、手桶に水をくんでお墓に向かいます。
お墓に着いたら、お墓に向かい一礼・合掌しましょう。
墓地の掃除を行います。

□ 枯れた花は取り除く

□ 周囲をほうきで掃く

□ 雑草を取り除く

□ お墓にきれいな水をかけて清め、たわしやスポンジ、歯ブラシ、雑巾で汚れを落とす。
(当たり前ですが、雑巾は手桶の水でゆすがないでください)

花立てに水を入れて、花ばさみで長さやバランスを整えた花を飾ります。
半紙の上に、お供え用のお菓子や飲み物を置きます。
(シミが残ってしまうので、墓石にお酒をかけるのはやめましょう)
ろうそくに火を灯し、そこから線香の束に点火して人数分に分けます。
線香から炎が出てしまったら、口で吹き消さずに手であおいで消してください。
故人と縁の深い人からお参りします。

□ 線香を香炉に立てるか線香皿に寝かせます。

□ 手に数珠を掛け、お墓の正面に向かい合掌。
(胸の前で左右の手のひらを合わせ、目を閉じて30度のおじぎをします)

□ 故人の冥福を祈り、感謝の気持ちを伝えましょう。報告したいことを語りかけたり、短いお経を唱えるのもよいです。

お参りが終わったら、花と線香以外のお供え物は持ち帰りましょう。
(カラスが食い散らかします)

手桶に残った水は適当にその辺に…

まいちゃダメですからね。

手桶とひしゃくを管理事務所に返して終了です。

■ まとめ

以上が、お墓参りの具体的なマナーとなります。

一言で言えば、

お掃除して、

花を飾って、

お供え物をして、

線香をあげて、

拝めばいいんです。

ちなみに、持ち帰ったお供え物は食べても構いませんし、仏壇に供えるのも良い事とされています。

「同食信仰」といって、お供え物には良い波動があると考えられているのです。

…っていうか、ぶっちゃけおいしそうですし。

この記事を読んでくださった読者の方も、家族そろってお墓参りに行かれてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする