魚へんの漢字クイズ!キミはいくつ読めるかな?<上級編>

魚へんの漢字クイズ・上級編へようこそ!

上級編は、これまでよりかなり難しいよ!

まだ初級編・中級編に合格していない場合は、順番にやってみてね!

魚へんの漢字クイズ!キミはいくつ読めるかな?<初級編>

魚へんの漢字クイズ!キミはいくつ読めるかな?<中級編>

ここで、遊び方についてもう一度確認するよ!

<遊び方>
1. 初めに漢字が出てくるので、漢字の読みを考えてください。
2. 答えを出したら画面をスクロールしてください。解答と解説が表示されます。
3. さらにスクロールすると、次の漢字が現れます。
4. 問題は全部で12問です。10問以上正解できたら合格。次の級に進みましょう。
5. お友達と一緒にわいわい遊んでみてね!

それでは、早速行ってみましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

魚へんの漢字クイズ・上級編

第1問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「うぐい」

でした!

ウグイ

・コイ科の淡水魚で全長は約30cm。
・「石斑魚」と書かれることもある。
・繁殖期になると腹に3本の赤い縦縞が現れる。
・食用で冬が旬。味は美味である。
・沖縄を除く日本各地の川や湖・沼に生息する。

第2問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「かずのこ」

でした!

数の子

・ニシンの卵。昔、ニシンを「かど」と呼んだため、「かどの子」が由来である。
・卵の塊を天日干しや塩漬けにして食べる。
・高価なことから「黄色いダイヤ」と呼ばれる。
・他の魚の卵より硬く、プチプチとした歯ごたえを楽しむ。
・粒の多さから「子孫繁栄」の意味でおせち料理の定番となっている。

第3問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「こち」

でした!

こち

・海底に腹ばいになって生活する海水魚。
・背中の色は周囲に合わせた保護色に変えている。
・肉食で、貝類や甲殻類、小魚などを捕食する。
・中型から大型のものは刺身や天ぷら、唐揚げなどに料理される。
・敵に遭遇すると、踊るように逃げることが漢字の由来。

第4問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「ごり」

でした!

ごり

・「ゴリ」と呼ばれる魚は地方によって異なっており、主にハゼ類やカジカ類を指す。
・川底に生息する淡水魚で、腹びれが吸盤になっており、これで岩に吸い付く。
・唐揚げや佃煮、出汁(だし)を取るのに用いられ、石川県金沢市は「ゴリ料理」が名物となっている。
・川底にへばりつくゴリを網で強引にはがして獲ることが「ごり押し」の語源になったという説がある。
・昭和初期までは盛んに漁が行われていたが、環境の変化に伴い、数は減少してしまった。

第5問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「すずき」

でした!

スズキ

・海岸近くや河川に生息する大型の肉食魚、食用や釣りの対象として人気がある。
・成長につれて、「ヒカリゴ→コッパ→セイゴ→フッコ(ハネ)→スズキ」と呼び名が変わる出世魚。
・尾びれがハート形で、背びれに黒点が存在するものもあり、下あごが出ているのが特徴。えらぶたには刺(とげ)がある。
・夜行性で昼はあまり動かないが、夜になると動き出す。
・肉だけでなく、内臓や皮、骨まで無駄なく料理に使える魚。

第6問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「はぜ」

でした!

はぜ

・2100種類以上が全世界の淡水・汽水・海水に生息しており、最も繁栄している魚である。
・腹びれが吸盤になっていて水底に貼りつけるので、水に流されずに生活できる。
・長い距離を泳ぐのは苦手で、トビハゼやムツゴロウは干潟の上をはって生活する。
・体の色は砂底や岩に合わせた保護色となっている。
・視力の悪いテッポウエビに代わり、いち早く外敵を発見してテッポウエビに知らせる種もいる。

第7問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「はたはた」

でした!

ハタハタ

・煮魚や焼魚、干物、しょっつる(魚を原料にした調味料)に調理・加工され、卵はブリコと呼ばれる。
・泥や砂の海底に生息する深海魚。夜行性で、昼間は目や背びれ以外の部分を砂や泥に隠している。
・秋田県で雷の鳴る11月頃に獲れるので、カミナリウオとも呼ばれる。
・「ハタハタ」は雷の擬音語で、現代では「ゴロゴロ」に当たる。
・体の模様が富士山に似ており、めでたい魚として扱われたので、漢字では「魚へんに神」と書く。

第8問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「はも」

でした!

はも

・顎に犬歯のような鋭い歯が並び、漁獲したときに噛みついてくるので注意が必要。
・上記のように、よく噛みつくことから「食む(はむ)」が語源になったという説がある。
・夜行性で、昼は砂や岩の隙間に潜っている。
・血液に毒を含むが、加熱により分解され、食べることができる。
・味はよいが、骨が多く食べにくい。

第9問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「はや」

でした!

はや

・コイ科の淡水魚のうち、中型で細長い体型を持つものの総称。
・動きが速いことから「ハヤ」と呼ぶようになったという説がある。
・ウグイやオイカワの別名。
・オイカワは釣りの対象として人気がある。
・水の汚れに強く、生活排水が流れ込む川にも生息する。

第10問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「ひがい」

でした!

ひがい

・明治天皇が瀬田川で獲れたビワヒガイを好んで賞味したことが漢字の由来。
・雌はドブガイ、イシガイなどの二枚貝の外套腔(がいとうこう)*1に産卵する。
・塩焼きにすると美味。
・ビワヒガイは本来、琵琶湖水系のみに分布するが、移植によって各地で見られるようになった。
・湖や川の砂底で障害物の多い場所に生息する。

*1 外套腔 … 軟体動物の体の表面を覆う膜(外套膜)は二重構造になっており、その空間のこと。

第11問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「ふか」

でした!

フカヒレ

・大型のサメ類の俗称。
・中華料理のフカヒレはサメのヒレを乾燥させたものである。
・サメの背びれと尾びれを用いた物は排翅(パイツー)と呼ばれ、形や大きさで値段が異なる。
・サメの胸びれを一本一本ほぐしたものは散翅(サンツー)と呼ばれ、排翅より安価である。
・コラーゲンが豊富な一方、水銀や重金属が含まれていることもある。

第12問

答えを考えてからスクロールしてね!

正解は…

「ぼら」

でした!

ボラ

・全世界の熱帯・温帯に広く分布する大型魚。水の汚染にも強いので都市部にも生息する。
・オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トドと呼び名が変わる出世魚。
トドになると、これ以上成長しないことから、「どとのつまり(=結局)」の語源になった。
・刺身、唐揚げ、味噌汁などに調理される。
・ボラの卵巣を塩漬けにし、乾燥させたものは「カラスミ」と呼ばれる。
・水面上にジャンプし、その高さは体長の2~3倍ほどにもなることがある。

まとめ

上級編のクイズは以上です。

間違えた問題は解説をよく読んで、理解しておきましょう。

上級編まで合格したキミは、立派な「魚へんの漢字博士」です。

このクイズがたくさんの人に気に入ってもらえたら、

「魚へんの漢字クイズ・番外編」

が登場するかも。

お友達や家族にも、このクイズを教えてあげてくださいね!

それでは!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする