カフェオレとカフェラテの違いとは?カフェモカ、エスプレッソも。

人と会って話をするときに、喫茶店を利用することは多々あるわけです。

それで、飲み物を頼もうとして、メニューを見てみると、メニューにはこう書いてあるんです。

カフェオレ

カフェラテ

カフェモカ

カプチーノ

エスプレッソ

アメリカンコーヒー

……

……

……

「分かんねーーー」

「カフェ○○」が多すぎる!

カプチーノは、何となく泡立っているコーヒーかなと思うけど、カフェオレとカフェラテは何が違うのかと。

というわけで、今回は、

□ カフェオレとカフェラテの違いとは?

□ ついでに、カフェモカとエスプレッソ、カプチーノ、アメリカンコーヒーとの違いまで。

この記事を読めば、喫茶店で迷うことなく、あなたの求めるコーヒーを注文できるようになるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

■ カフェオレとカフェラテの違いとは?

▼ コーヒー用語

カフェオレとカフェラテの違いを述べる前に、いくつかのコーヒー用語を押さえておきましょう。

焙煎(ばいせん)

焙煎

コーヒー豆を加熱して乾燥させること。

コーヒー豆は生のままだと青臭くておいしくありませんが、この焙煎を行うことで、コーヒー本来の味と香りを引き出せるのです。

この焙煎をじっくりやればやるほど、豆に含まれるカフェインの量は減っていきます。

ドリップコーヒー(アメリカンコーヒー)

ドリップコーヒー

浅く焙煎した豆を使い、紙フィルターでこして作ったコーヒー。

酸味が多く、カフェインも多い。

エスプレッソ

エスプレッソ

深く焙煎した豆を使い、「エスプレッソマシーン」で高い圧力をかけて短時間で抽出したコーヒー。

苦みが多く、カフェインは少ない。

味が濃いので小さなカップで出てくる。

スチームミルク

蒸気熱で泡立たないように温めたミルク。

フォームミルク

蒸気熱と空気で温めながら泡立てたミルク。

▼ カフェオレとカフェラテの違いとは?

さて、お待たせしました。

コーヒー用語を理解したら、いよいよカフェオレとカフェラテの違いについて見ていきます。

カフェオレ

カフェオレ

フランス語で「オ(au)」は「~入り」、「レ(lait)」は「ミルク」という意味です。

英語で言えば、

「Coffee with milk」

日本語で言えば、

「コーヒー牛乳」

です。

このカフェオレは、

ドリップコーヒー50%:普通のミルク50%

の割合で作ります。

味が薄くてマイルドなのが特徴ですね。

カフェラテ

カフェラテ

「ラテ」はイタリア語で「ミルク」という意味です。

日本語で言えば、

「コーヒー牛乳」

です。(もういいってか?)

このカフェラテは、

エスプレッソ20%:スチームミルク80%

の割合で作ります。

エスプレッソを使用しているので、味が濃くて苦みがあるのが特徴です。

バリスタがミルクで絵柄(ラテアート)を描いてくれたりします。

カフェモカ

カフェモカ

カフェラテにチョコレートを加えたものです。

日本語で言えば、

「チョコーヒー」

です。(本当か?)

このカフェモカは、

エスプレッソ20%:スチームミルク70%:チョコレートシロップ10%

の割合で作ります。

チョコレートを使用しているので、甘味があります。

カプチーノ

カプチーノ

語源はイタリア語で「頭巾、フード」を表す「カップッチョ」から来ています。

日本語で言えば、

「被ってちょ♪」

です。(もはや、意味不明)

このカプチーノは、

エスプレッソ30%:スチームミルク30%:フォームミルク40%

の割合で作ります。

フォームミルクを使用しているので、クリーミーな味わいです。

■ まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の内容をまとめると、

□ コーヒーは大きく、「ドリップコーヒー」と「エスプレッソ」に分けることができる。
□ ドリップコーヒーにミルクを入れると「カフェオレ」、エスプレッソにミルクを入れると「カフェラテ」、エスプレッソに泡立ちミルクを入れると「カプチーノ」になる。

ということです。

コーヒーって、意外と奥が深いんですね。

それでは、あなたも素敵なコーヒーライフを!

カフェインの副作用と中毒性。1日の摂取量の目安は?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする